今日は夏至。
一年で最も昼間が長く夜が短い日です。
そういえば冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、
夏至には何か決まったものを食べるといったことは聞かないですね。

食いしん坊な気質故か、何かと食べ物のことに興味が向かいます。
夏至からは外れますが、食べ物繋がりで今気になっていることと言えば、
厚労省からのお達しにより7月から牛レバ刺しの提供が全面禁止になることです。

レバ刺しは好きな食べ物の一つだったので残念の極みです。
食べられなくなる前に、何としてでも最後のレバ刺しを堪能せねばと勇んでいたら
やはり考えることはみんな同じ。
全国的に「さよならレバ刺し会」が急増しているとの記事を見つけました。

ミーハーなのは否めないけれど、安易に流行りに乗じているようでちょっと恥ずかしいような、

「流行ってるからじゃないんだから!ただ食べたいだけなんだから!」

と、誰に突っ込まれたでもないのに言い訳をしたくなるような、
そんな心境です。

それは「女子会」という言葉に
何ともいえぬ違和感を覚えるのと似たような感覚かもしれません。

流行ってる云々じゃなく
ただ気の合う女友達同士で集まって飲んだり食べたりしているだけで、
それにわかりやすく名前をつけるといわゆる「女子会」になるのでしょうけれど。

ミーハーな割にあまのじゃくでもあるので「女子会」が流行っているとなると、
その言葉は使いたくないな、
そもそも自分たちのことを「女子」って言っちゃうのってどうなのか?
などと内心恥ずかしさと若干の疑問を抱きつつ、便利な言葉としてたまに使ってしまうのでした。


今日のブログは夏至から始まったものの着地点がわからなくなってしまいました。
いつも以上の駄文、お許しください!

ari