2月も半ばを過ぎ、
今日は二十四節気の一つ、「雨水(うすい)」。
雪や氷が溶けて、雨水になる頃を意味するそうです。

暖かいと言える陽気にはまだなりませんが、
真冬の寒さは少し緩み始めたように思います。
寒い中でもほんのりと春の気配を感じられる日が増えていくのは
嬉しく、明るい気持ちになれますね。

そんなこんなで冬の時期もそろそろ終わりが近づいています。
しかし冬の旬の代表、大好きな牡蠣をまだ食べていないことを思い出しました。
春が来る前に急いで食べなければ・・・!

ari