今日は二十四節気の「雨水」
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころを意味するそうです。
暦通り、今日は暖かく穏やかな気候で春が近づいているのを肌で感じます。

とはいえ今年は例年に比べ、あまり雪が降らないまま冬が終わりそうですね。
生活をするには雪の苦労が少なくて済むなんて楽でありがたいことなのですが、
雪遊びを考えると寂しくもあります。

雪で大変な思いはしたくないし寒いのも苦手だけど、もっとフカフカに積もった雪で遊びたい・・・
春の訪れは嬉しい反面、冬にも未練が残るのでした。

ari