7月に入りました。
今年もあっという間に折返しです。

6月末には早くも関東地方の梅雨明けが発表され、
福島もその頃、暑さの厳しい真夏日で
今年は東北の梅雨明けもまもなくかと思っていたのですが、
昨日あたりから天気予報ではしばらく傘マークが続いています。
大した降雨はないものの、湿度の高さで空気がモワっとしています。

すっきりとしない天気に気持ちも沈みがちな時期ですが、
晴れ間が見えそうな日には今が見頃の花々を見にでかけてみるのもいいかもしれません。
標高の高いところへ行けば、
平地よりも気温が低くアスファルトから発される熱もないので比較的過ごしやすいです。

場所によって開花時期や種類に違いはありますが、
見るだけで元気になりそうなビタミンカラーのニッコウキスゲや


小さくてもピンク色が鮮やかなイワカガミ


白く可憐なチングルマ


などの高山植物が先月あたりから咲いています。

陽の当たりにくい森の中では、葉緑素を持たない幽霊のような植物、ギンリョウソウも見られるかもしれません。


シャクナゲも。


ワタスゲはもう終わりでしょうか。


先日たまたま見つけたニョホウチドリは準絶滅危惧種とのこと。


大きく広がる葉の中央に花を咲かせるキヌガサソウも素敵。


季節の移り変わりが早いように花の見頃も気づくとすぐに過ぎてしまうので、
できる限りピークを逃さずに見ておきたいなと思います。

ari