今日は1年で寒さが最も厳しいとされる、大寒ですね。
二十四節気“小寒”から“節分”までの約1ヶ月間を“寒の内”といい、
“大寒”はその真ん中にあたります。
大寒から節分までの約半月間は特に寒さの厳しい時期に該当し、
各地でその年一番寒い記録が現われニュースにもなっていますよね。

花見山も池や滝までも凍っていて、とても寒かったです。
今回は、その寒さに負けず、着々と春に向け成長している
かわいらしい花芽や蕾にスポットをあてて撮影してきました。
私たちも、寒さに負けず頑張って過ごして行きましょう。

池もこのとおり

池もこのとおり



固くしっかりした新芽

固くしっかりした新芽



この芽は少しフワフワしています

この芽は少しフワフワしています



出荷用のハナモモの切木

出荷用のハナモモの切木



ロウバイの蕾

ロウバイの蕾



先日の雪がまだ残っていました。散歩している方がいらっしゃいました

先日の雪がまだ残っていました。散歩している方がいらっしゃいました



ナンテンの実の赤と葉の緑がきれいです

ナンテンの実の赤と葉の緑がきれいです



ハナモモの蕾

ハナモモの蕾



柿の木

柿の木



不撓堂と不動明王

不撓堂と不動明王



不動明王の滝が凍っています

不動明王の滝が凍っています



凍った池の中の鯉たちも冷たそう

凍った池の中の鯉たちも冷たそう



サンシュの蕾

サンシュの蕾



140120h13

吾妻連峰も吹雪いていました。林檎の木が新芽で赤みを帯びてきていますね。

吾妻連峰も吹雪いていました。林檎の木が新芽で赤みを帯びてきていますね。