今日は二十四節気の一番目「立春」です。
旧暦では新しい年の始まりです。

寒い時期である寒(小寒、大寒)が終わり、立春になることを寒明けというそうです。
この時期はまだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではようやく春となります。
立春を境に寒が明けると、いよいよ春が近づいてきて
この頃から少しずつ春の息吹を感じることができます。

花見山にも雪が積もり、気温も低く寒いですが、少し春の気配が感じられました。

150204_1

桃の木も少し芽が出ていました。 鳥たちがにぎやかでした。

桃の木も少し芽が出ていました。
鳥たちがにぎやかでした。



鳥の足跡

鳥の足跡



何の鳥でしょうか

何の鳥でしょうか



150204_6

150204_5

菜の花畑

菜の花畑



仮設の案内所がこちら。 春には戻ってくるそうです。

仮設の案内所がこちら。
春には戻ってくるそうです。



案内所がなくなっていてびっくり。

案内所がなくなっていてびっくり。